高い技術力を生かす

派遣のあり方が変わってきています。
また企業の捉え方も大きく変化しているのではないかと思います。
企業が派遣といった労働力を求めるとき、多くの場合は高い知識や技術力、スキルといった専門的な分野に対して高い能力を期待しています。
ですから年々、seなどの業務を派遣で補いたいと考える企業は増えてきています。
その背景には、自社でseを育てるには時間がかかりすぎるということや、仕事が出来るseに育った後、会社を辞めてしまうケースが多いからではないかと考えられます。

派遣会社では、それぞれの会社でスキルアップのための研修や講習を行っているところも多く、その為時代の流れにあったスキルや知識を持っている人材が多いのも魅力です。
特にseなどはその時代によって、主流になるスキルや知識が変わってくることがありますので、最新の知識やスキルをもったseは魅力的なのです。
seが早くに退職してしまう背景には、同じ仕事ばかりになってしまい、成長が感じられないところではないかと思います。

多くのseは自分の能力を成長させたいという前向きな人が多く、また新しい知識や技術を試したいという革新的な考えを持っている人も多いのです。
ですからこれから数年間、場合によっては退職するまで同じ仕事の繰り返しになるのではないかと考えたときに、閉塞感を感じてしまうのかもしれません。
その点で考えると、派遣の場合は勤務の期間が定められていますので、長期間の勤務でも最長で3年間ですから仕事に惰性を感じた頃に他の派遣先へと移動することが可能です。
そして企業は、また新しいseを雇用することで、業務を差し障りなく進めることが出来ますので、seにとっても企業にとってもメリットが感じられるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です